ブログ

2020.05.20

梅雨の時期の体調不良

 

こんにちは☀️

スタッフの小賀坂です🌸

ポカポカと暖かい日が続き、過ごしやすい季節ですね。

そんな春の陽気も束の間、GWを過ぎれば、あっという間に梅雨を迎えます☔️
ジメジメした梅雨は、湿気の高さや気圧の変化から独特の体調不良が起こりやすい時期です。

今回は、日本の梅雨ならではの体調不良対策をご紹介します!!

 

 

 

梅雨のジメジメ

地域によっても異なりますが、夏はジメジメと湿気が多く、冬はカラカラと乾燥しているのを感じると思います。しかし、湿度計を見ると、夏と冬とでは湿度が十数パーセントしか変わらない日もあります。

つまり、同じ湿度でも夏と冬とでは感じ方が違っているのです。これは、温度の差によって、空気中に含まれる水分量が違うために起こります。

気温が高いと空気中に存在できる水分量が増えるので夏は多湿になります。逆に、気温が低いと空気中に存在できる水分は少なくなるため、冬は乾燥します。そのため、同じ湿度でも夏はジメジメとした感じがするのです。

 

高温多湿により起こりがちな症状

 

体がだるい、不眠、不安感

梅雨の時期には低気圧が続きますので、自律神経が乱れて副交感神経が優位になりがちです。日中でも体がリラックスモードになってしまい、だるさや眠気を感じてしまいます。

日中には交感神経を優位にさせ、夕方から就寝にかけて副交感神経を優位にさせていく本来のリズムをつくりましょう。朝、太陽の光を浴びると、体内時計はリセットされて、活動モードへとスムーズに切り替わります。

曇りや雨の日でも、太陽の光は地上に届いていますので、朝はカーテンを開け光を浴びながら深呼吸しましょう。ウォーキングやストレッチなど軽い運動も効果的です。

 

食欲不振、下痢

湿度が高いと体内の消化吸収と水分代謝がうまくできなくなり、消化不良をきたしやすくなります。
気温が高い日も多いですが、冷たい飲み物や食べ物は消化不良を悪化させますので、温かいものを取るようにしましょう。常温の飲み物であっても、体温よりも低い温度なため、たくさん飲むと体を冷やしてしまう場合もあります。
また、味の濃いもの、脂肪分が多いものも胃腸に負担がかかってしまうので、気を付けましょう。

 

むくみ、頭痛

消化不良の原因同様に、湿度が高いと汗として体の水分を排泄することができずに、体内に水分が溜まってしまうことでむくみやすくなります。また、低気圧の影響により、自律神経が乱れると血の巡りが悪くなってしまうことも影響しています。また、血流が悪くなると頭痛も起こりやすくなります。

むくみを解消するには、余分なナトリウム(塩分)と共に水分を排泄してくれる「カリウム」をとりましょう。カリウムは、きゅうりやズッキーニ、大根、アボカド、バナナなど、野菜や果物に多く含まれています。ただし、大量に食べると胃腸が冷えて消化不良になることもあります。サラダなどの生で食べる調理法だけでなく、温かくして食べるのがオススメです。なお、ゆでこぼすと水に溶けだしてしまいますので、スープにして溶けだした汁も飲むものがおすすめです。

また、発汗させるために、シャワーだけでなく湯船につかるのもおすすめです。マッサージをして血流を良くするのも効果的です!

 

1年に一度の梅雨ですがなにかと不調を起こしやすい時期です。。

少しでも快適に過ごせるように体と心をいたわってあげましょう🍀

管理栄養士のスタッフもおりますので体調不良にいい栄養指導などもできます🥕

ご連絡お待ちしております😊

 

 

 

 

一番上に戻る
TEL:024-573-0838お問い合わせ

かまた鍼灸整骨院からのお知らせ

当院のアプリ始めました

かまた鍼灸整骨院

受付時間 日・祝
9:00〜12:00
15:00〜20:00

土曜 8:35~13:00
休診日:土曜午後・日・祝・年末年始・お盆等

お気軽にご相談ください

TEL:024-573-0838

TEL:024-573-083824時間メール受付中

かまた鍼灸整骨院BLOGかまた鍼灸整骨院Facebook