ブログ

2018.10.29

野球肘について⚾️

こんばんは🌇
スタッフの渡辺志穂と佐藤紗夏です😊

今週は待ちに待ったハロウィンですね🎃👻
当日、院長にトリックオアトリートと言えば何か貰えるかも…?笑

さて、今回は野球肘について紹介していきたいと思います⚾️

野球肘は10〜16歳の野球経験者に多く起こります。
投球動作のボールを離すまでの間で肘の内側に牽引力が働き、靭帯が伸ばされ、炎症が起きる傷害です。

ひどくなると、離断性骨軟骨炎という、
軟骨に炎症が起きて成長障害が生じることがあります。

症状としては、投球後の痛みが主体で
投球をやめると軽減します。
また、ひどくなると関節内に剥がれた軟骨が遊離し、それが元で引っかかりが起こることがあります。

治療としては、投球の制限をして肩周り、
腕周りの筋肉をほぐすことが大切です!

痛みが軽減したら、フォームの改善が最重要です。

当院では、治療だけでなくフォームの改善も行なっているのでぜひご相談ください🌼

皆さまご来院お待ちしております☺️

一番上に戻る
TEL:024-573-0838お問い合わせ

かまた鍼灸整骨院からのお知らせ

当院のアプリ始めました

かまた鍼灸整骨院

受付時間 日・祝
9:00〜12:00
15:00〜20:00

土曜 8:35~13:00
休診日:土曜午後・日・祝・年末年始・お盆等

お気軽にご相談ください

TEL:024-573-0838

TEL:024-573-083824時間メール受付中

かまた鍼灸整骨院BLOGかまた鍼灸整骨院Facebook