ブログ

2019.07.11

肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)

こんにちは☀️

スタッフの浅比と小賀坂です!

7月にも入り、学生は大体来週学校に行けば夏休みですね。

最近、寒いので風邪😷には気をつけましょう‼️

今回は「肘部管症候群」について紹介します。

肘部管症候群とは、肘で尺骨神経に圧迫や牽引などが加わって生じる神経の障害。

 

★症状★

・初期…小指と環指(薬指)の一部にしびれた感じが出る

・麻痺が進行…手の筋肉が痩せる、小指と環指(薬指)の変形が起きてくる

 

★原因

・神経を固定している靭帯やガングリオンなどの腫瘤による圧迫

・加齢に伴う肘の変形

・子供のときの骨折による肘の変形

・野球⚾️や柔道🥋などのスポーツ

 

自分で診断するのであれば、肘の内側を叩くと小指と環指(薬指)の一部にしびれ感が走ります。

 

できれば自分で診断するのではなく、来院することをお勧めします!

 

上記のような(上記以外の)症状が少しでも気になるようであれば、かまた鍼灸整骨院へ相談してみてください😊

 

 

一番上に戻る
TEL:024-573-0838お問い合わせ

かまた鍼灸整骨院からのお知らせ