整形外科で治らなかった腰痛・ぎっくり腰の症状

よくある腰痛の症状

  • 「長時間座ると腰が痛い」
  • 「重いものを持ち上げるときに腰が痛い」
  • 「腰が痛くて歩くのも辛く感じる」
  • 「立つときに腰が痛い」
  • 「かがむと腰が痛くなる」
  • 「脚やお尻が冷えるせいで腰が痛くなる」
  • 「腰の痛みだけでなく、お尻から脚にかけての痛みやしびれもある」

腰の痛み

このような症状にお困りではありませんか?これらは全て腰痛の症状です。腰痛は今や国民病とも呼ばれ、多くの方がその症状に苦しんでいます。

腰にこりやはりがあると、腰痛が起こります。多くのケースの場合、慢性的な疲労や日常生活のストレス、運動不足、肥満、姿勢の悪さ、筋力低下、筋肉のアンバランスによって起こります。腰痛自体は骨の異常から来るものではなく、原因が特定しづらいのが厄介なところです。そのため、病院などでレントゲンを撮ってもらっても「異常なし」と判断されるケースが少なくありません。

このような違和感はありませんか?
  • 「腰がはっている・こっているような感覚がある」
  • 「重い感じの鈍い痛みがある」
  • 「鋭い痛み、激痛がある」
  • 「しびれたような感覚がある」

など、腰痛の痛みにはいろいろなタイプがあり、また痛みだけでなくしびれなどの症状もあります。症状も慢性的なものから急性的なものに分かれます。常に痛みがあれば慢性的、ぎっくり腰や筋膜製腰痛症など、急激な痛みを感じるものは急性的なものです。このように、腰痛と一口に言っても色々なタイプがあり、症状のあらわれ方もケースによって変わります。

あなたの腰痛の原因は?

マッサージ腰痛の原因も、症状のタイプや痛みの感じ方によって分かれます。腰痛がどのようにして起こるのかは、患者様一人ひとりの生活習慣から分かる場合があります。

例えば長時間座った状態で仕事をされる方は、腰痛になりやすいと言われています、長時間同じ姿勢でいると筋肉がこわばり、血行不順を起こすことによって腰に痛みを感じるようになります。また、中腰で仕事や作業をする方、不自然な姿勢を続けると身体や筋肉に負担がかかり、結果的に腰痛に悩まされることになります。

1.「重い」「だるい」などの慢性的な腰痛は、筋肉の緊張が原因

「突然強い痛みを感じる」のではなく、「常に鈍痛を感じる」場合の腰痛は、慢性的な腰痛に分類されます。この場合、主な原因として筋肉の緊張が考えられます。長時間座ったり無理な姿勢を続けたりすると身体にそれだけ負担がかかり、筋肉が緊張します。そのために独特な痛みを感じるようになります。

2.「激痛」「鋭い」などの急性的な腰痛は、筋肉や腰部椎間板の損傷が原因

「いきなり激痛に襲われる」タイプの腰痛は、急性的なものとして分類されています。ぎっくり腰や筋膜性腰痛症などがその例です。ぎっくり腰は腰部椎間板の断裂や損傷によって、筋膜性腰痛症は筋肉の炎症や過度な緊張によって起こります。急性的な刺激が原因となって起こるために、その痛みも強いです。

こうして見ると、腰痛の原因は痛みによって色々と変わることがわかります。

ぎっくり腰の症状

  • 「椅子から立ちあがったときに激痛が走った」
  • 「少し重いものを持ったら鋭い痛みを感じた」
  • 「ちょっとした動作でも強い痛みを感じるようになった」

このような経験はないでしょうか?これは、ぎっくり腰になっている可能性が考えられます。

このような痛みは突然起こることから、ぎっくり腰は急性的な症状としてのイメージが強いですが、慢性的な筋肉疲労が重なって起こるケースもあります。

私たちが日常生活でためてきた肉体疲労が度を越えて、ある日突然ぎっくり腰の症状としてあらわれます。長時間の座り仕事や不自然な姿勢で身体が緊張し、さらに睡眠不足やストレス、不規則な生活にとって十分な休息がとれないことにより、身体が限界を迎えてしまうのです。

ぎっくり腰には椎間板の損傷などの原因も考えられますが、改善のためには日常生活からもアプローチする必要があります。また、ぎっくり腰は再発しやすいとも言われています。一度治療で症状を改善しても、同じ生活習慣と姿勢を続けていれば、また同じような症状があらわれます。根本原因を見つけてから治療を行い、再発防止を意識することが非常に大切です。

その他の腰の痛み

腰椎椎間板ヘルニア

  • 「腰痛だけでなく、しびれもある」
  • 「歩いているときに痛みやしびれ、脱力感がある」
  • 「爪先立ち、かかと立ちができなくなった」
  • 「身体を前に曲げると痛い」
  • 「残尿感や失禁など、尿の出に問題がある」

などの症状がみられる場合、腰椎椎間板ヘルニアの可能性が考えられます。

私たちの背骨は椎骨によって支えられています。椎骨と椎骨の間には背骨への衝撃を緩和させる役割を持つ椎間板がありますが、20代を過ぎると椎間板は変性し、本来の機能を働かせることが難しくなってきます。そのなかで背骨が強い衝撃を受けると、中心にある髄核が飛び出して神経根を圧迫し、様々な症状を引き起こします。

神経ブロックや薬物療法・理学療法などの保存療法や手術療法などで治療を行います。再発防止のために日常生活の動作を見直すことも必要です。

腰部脊柱管狭窄症

現在では70代以上の高齢者の方で12人に1人の方が、腰部脊柱管狭窄症に悩まされています。

  • 「数分立っているだけでも、太ももやふくらはぎ、すねが痛んだりしびれたりする。こまめに休まないと歩き続けられない」
  • 「背中をそらすと痛いけれど、前かがみになれば楽になる。姿勢を正すことさえ辛いときもある」
  • 「両足の裏側やお尻がしびれる」
  • 「残尿感や失禁など、尿の出に問題がある」

などの症状が目立ちます。腰部脊柱管狭窄症は腰にある脊柱管が狭くなって圧迫され、神経や血管がダメージを受けることによって起こります。椎間板ヘルニアと同様、整形外科では保存療法やリハビリテーションで治療を行います。排尿・排便障害がみられる場合いは手術が必要です。痛みや不快感を和らげるため、整骨院での治療も有効だとされています。

坐骨神経痛

坐骨神経痛では、「腰だけでなく、お尻、太もも、すね、足までの広範囲で痛みやしびれ、はり、締めつけ感、不快感」などの症状があります。

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などが原因だとされています。年齢が若い方はヘルニアが原因、高齢者の方は脊柱管狭窄症が原因であるケースが多いです。整形外科での治療やリハビリテーション、症状によっては手術が必要になります。痛みや不快を和らげるために、整骨院での治療も有効です。

妊娠による腰痛

妊娠によるホルモンバランスの乱れ、身体への負担によって腰痛が起こりやすくなるケースがあります。

  • 「お腹が重いせいで腰が痛い」
  • 「寝返りが打てないほど痛い」
  • 「朝、起き上がるたびに強い痛みがある」

など、妊娠中の腰痛に悩まれる女性の方は非常に多いです。10ヶ月にもわたる妊娠期間は、それだけ身体へに大きな負担をかけています。子宮は腰の近くにあることから、大きくなる子宮の影響で腰痛になりやすいとも言われています。ホルモンバランスの乱れと相まって強いストレスにさらされるうえに、お腹の赤ちゃんを守るために日々健康面で気を使わなければいけません。身体への負担と心身のストレスにより、多くの女性の方が腰痛に悩んでいます。

当院では腰痛への治療にも対応しております。心当たりがありましたらぜひ一度ご来院ください。患者様の状態を見極めたうえで、最適な治療をいたします。身体に優しいソフトな治療を行いますので、デリケートな腰痛にお悩みの方にも安心していただけます。日常生活が原因となる慢性的な腰痛のほかにも、病気やライフイベントの変化が原因となって痛みを引き起こされるタイプもあります。

治療費のご案内

※準備中

福島市のかまた鍼灸整骨院 基本情報

院名 かまた鍼灸整骨院
住所 〒960-0102
福島県福島市鎌田一里塚5−18
TEL 024-573-0838
一番上に戻る
TEL:024-573-0838お問い合わせ

かまた鍼灸整骨院からのお知らせ