ブログ

2019.08.28

石灰沈着性腱板炎(せっかいちんちゃくせいけんばんえん)

こんにちは😊

スタッフの浅比と小賀坂です!!

お盆休みも終わり、気温も急に下がり、夜も過ごしやすくなりましたね‼️

気温差があるので体調には気をつけてくださいね😀

 

さて、今回は「石灰沈着性腱板炎」について紹介します。

⚠️症状⚠️

夜間に突然生じる激烈な肩関節の疼痛で始まる事が多い。

痛みで睡眠が妨げられ、関節を動かすことが出来なくなる。

発症後1〜4週で強い症状を呈する急性型、中等度の症状が1〜6ヶ月続く亜急性型、運動時痛などが6ヶ月以上続く慢性型がある。

 

 

⚠️原因・病態⚠️

40〜50歳代の女性に多く見られる。

肩腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶によって急性の炎症が生じることによって起こる肩の疼痛・運動制限。

この石灰は当初は濃厚なミルク状で、時が経つにつれ、練り歯磨き状、石膏状へと硬く変化していく。

石灰がどんどん溜まって膨らんでくると痛みが増してくる。

腱板から滑液包内に破れ出る時に激痛となる。

肩関節の関節包や滑液包の炎症であるいわゆる五十肩(肩関節周囲炎)の症状とよく似ている。

 

 

上記の症状が少しでも気になるようであれば、ぜひ、かまた鍼灸整骨院へご連絡ください🌻

スタッフ一同お待ちしております🙇‍♂️😊

 

2019.07.11

肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)

こんにちは☀️

スタッフの浅比と小賀坂です!

7月にも入り、学生は大体来週学校に行けば夏休みですね。

最近、寒いので風邪😷には気をつけましょう‼️

今回は「肘部管症候群」について紹介します。

肘部管症候群とは、肘で尺骨神経に圧迫や牽引などが加わって生じる神経の障害。

 

★症状★

・初期…小指と環指(薬指)の一部にしびれた感じが出る

・麻痺が進行…手の筋肉が痩せる、小指と環指(薬指)の変形が起きてくる

 

★原因

・神経を固定している靭帯やガングリオンなどの腫瘤による圧迫

・加齢に伴う肘の変形

・子供のときの骨折による肘の変形

・野球⚾️や柔道🥋などのスポーツ

 

自分で診断するのであれば、肘の内側を叩くと小指と環指(薬指)の一部にしびれ感が走ります。

 

できれば自分で診断するのではなく、来院することをお勧めします!

 

上記のような(上記以外の)症状が少しでも気になるようであれば、かまた鍼灸整骨院へ相談してみてください😊

 

 

2019.06.12

マレットフィンガー

こんにちは😃

スタッフの浅比と小賀坂です!! 

6月に入り、梅雨にも入りましたね!

梅雨に入った途端に寒い日が続いているので、風邪には気をつけてくださいね😷

さて、今回は「マレットフィンガー」について紹介します。

聞いたことがない人が多いと思います。このブログを読んで参考にしてみてください。

 

⭐️症状⭐️

・第1関節が曲がったままで痛み・腫れ

・自動伸展は不能(自分で伸ばそうと思っても伸びない)

・他動伸展は可能(手伝って伸ばすと伸びる)

  

⭐️原因⭐️

突き指の一種で、ボールなどが指先に当たったときなどに起こる。

⭐️病態⭐️

➀指を伸ばす伸筋腱が切れたために生じるもの=腱性マレット指(腱性マレットフィンガー)

➁第1関節の関節内の骨折が生じ、伸筋腱がついてる骨が関節内骨折を起こしてずれた状態になったもの=骨性マレット指(骨性マレットフィンガー)

 

マレットフィンガーは一見、ただの突き指と思われがちですが、骨折してる場合があります。早急にに診察を受けましょう‼️

気になる方はかまた鍼灸整骨院にご相談ください🙇‍♂️

 

2018.12.17

坐骨神経痛

こんにちは☀️

スタッフの浅比と小賀坂です!!

あと2週間くらいしたら今年も終わってしまいますね。(早い早い!)

さて、今回は「坐骨神経痛」について紹介します❗️

坐骨神経痛とは?

   ・お尻から足の後ろ側にかけての痛みやしびれ、麻痺などの症状

   ・坐骨神経痛を病名と思われる方がいるが、頭痛や腹痛と同じ症状を表す言葉

   ・いろいろな原因によって坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けることで痛みやしびれなどが起こる。

坐骨神経痛の原因

  ・年齢が若い場合…腰椎椎間板ヘルニアが多い

  ・高齢…腰部脊柱管狭窄症が多い

  ・上記の2つとも腰椎(背骨の腰の部分)に起こる異常によって神経根(脊髄が分かれて身体の各部分に行く神経の根っこの部分)が圧迫され、下半身に痛みやしびれるような痛みを引き起こす。

  ・梨状筋症候群…お尻の奥にお尻を横切るように付いている筋肉(梨状筋)の中を走っている坐骨神経が、外傷やスポーツなどで圧迫されて起こる。

坐骨神経痛の症状

  ・中高年の方に多い

  ・お尻や太もも、すね、ふくらはぎ、脚にかけて鋭い痛みやしびれるような痛み、ふくらはぎほ張り、冷感や灼熱感、締めつけ感などの症状が現れる。

  ・腰(身体)を動かすと脚の痛みが激しくなる

  ・安静にしていても、お尻や脚が激しく痛んで寝れない

  ・脚だけではなく、腰に痛みがある

  ・身体をかがめると痛くて靴下を履けない

  ・立っていると脚が痛んできて、立っていられないなど

こういう症状が当てはまる人は、一度、かまた鍼灸整骨院へ電話をして相談をしてみてください!

スタッフ一同、心よりお待ちしております🌼

2018.12.14

四十肩、五十肩とは

こんばんは!

スタッフの渡辺志穂と佐藤紗夏です😉

 

12月に入って初めて雪が積もりましたね☃️

佐藤は初めての雪かきで背中が筋肉痛になりました😅

先輩曰く、とても下手っぴな雪かきだったそうです…笑

冬が終わるまでには上手になろうと思います🙌

 

 

さて、今回は「凍結肩」について紹介したいと思います!

冬にぴったりの名前をしてますね😷

別名では四十肩五十肩肩関節周囲炎と言われています。

四十肩と言われれば聞いたことある方もいるかもしれませんね😶

 

症状としては、

・肩が上がりずらい

・夜寝てる時も痛い(痛くて寝れない)

・動かそうとすると痛い

・結帯、結髪動作ができない

などがあげられます!

原因は

肩こりなどは筋肉の血行不良が原因であるのに対して、四十肩や五十肩は肩の関節や周囲の靭帯、筋・腱・関節包などに起こる炎症や収縮が原因だとされています❗️

 

好発年齢としては名前の如く、40〜50代に好発すると言われています。

しかし、最近では30代でも多く見られます!

 

かまた鍼灸整骨院ではこのような症状の改善に向けて治療を行い、

また、今後痛みの出ないような体づくりをサポートしていきます!!

肩周りの体操などもお教えしていくので、ぜひ一度ご来院ください😌

2018.12.11

空手三兄弟

いつも整骨院、ジムでトレーニングしている三兄弟の紹介です😊

渚ちゃん、岬ちゃん、湊君は空手とキックボクシングをしています‼️

どうですか皆さんぱっと見た感じ強そうじゃないですか⁉️

ハイ‼️

もちろん強いです笑

目標を持っていつもトレーニングしています‼️

その目標は地上最強になること‼️

その目標を達成できるようにこれからもサポートしていきます😊

渚ちゃんは2018全東北、一般女子組手の部で優勝

そして全国選手強化委員会選定

女子クラス制のBクラスに選出されました‼️

ワールド空手にも名前が出ていました😆

3人共これからに期待してるよ~(∀`*)

2018.11.26

自律神経失調症について

こんにちは☀️

スタッフの浅比と小賀坂です!

今年もあと36日で終わり、平成ももうすぐで終わりですね!!

今年の痛みは今年のうちに治してしまいましょう!

さて今回は「自律神経失調症」について紹介します。

あまり聞きなれないので、自律神経失調症とはなんだろう?と思った方は多いと思います。

自律神経は全身の器官(交感神経と副交感神経)をコントロールするため、バランスが崩れると全身の機能に支障をきたし、様々な症状が出ます。

主な原因

 ・生活リズムの乱れ…夜更かし、夜型人間、夜間勤務、子供の頃からの不規則な生活習慣など

 ・過度なストレス…仕事などの社会的ストレス、人間関係、精神的ストレス、環境の変化など

 ・ストレスに弱い体質…子供の頃からすぐ吐く、下痢をしやすい、自家中毒、環境が変わると眠れないなど

 ・環境の変化…現代の生活は適応能力が衰えやすく、社会環境の変化、人間関係や仕事などの環境の変化などへの不適応

 ・女性ホルモンの影響…女性は一生を通じてホルモンのリズムが変化し続け、この変化が自律神経の働きに影響を与える。

主な症状

慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口や喉の不快感、頻尿、残尿感

精神的な症状としては

イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、憂鬱になる、感情の起伏が激しい、焦りを感じる

など

ここで自律神経失調症チェックをしてみましょう!!

○めまいや耳鳴りが多い

◯立ちくらみをよく起こす

◯息が苦しいときがある

◯夏でも手足が冷たい

◯肩こり、腰痛がなかなか治らない

◯風邪でもないのに咳が出る

◯気候の変化に弱い

◯寝ても寝ても寝たりない

◯食べ物を飲み込みずらい時がある、喉に違和感がある、呂律が回らない時がある

◯胃の調子が悪いことが多い(お腹が空かない、胸焼けなど)

どうですか??

当てはまる項目が半分以上ある場合は自律神経失調症の疑いがあります。

自律神経失調症には4つのタイプがあります

・本態性自律神経失調症…子供の頃からの、元々持っている体質に原因があります。体質を改善するために、食事、睡眠、運動、休息などの生活習慣を見直していくと良い。

・神経症型自律神経失調症…心理的な影響が強く、精神状態に左右されやすいタイプ。感情の移り変わりが体に症状として現れる。

・心身症型自律神経失調症…日常生活のストレスが原因。心と体の両面に症状が現れる。自律神経失調症の中で最も多いタイプ。

・抑うつ型自律神経失調症…心身症型自律神経失調症がさらに進行するとこのタイプになる。やる気がない、気分がどんより沈んでいるといった「うつ症状」が見られる。

このブログを見て、少しでも気になった方は、一人で抱え込まないで相談してみてください🌻

お待ちしております🙇‍♂️

2018.11.24

冷えにはご用心!!

こんにちは😃

スタッフの渡辺志穂と佐藤紗夏です😊

朝晩の冷え込みが強くなって、冬が近づいてきましたね⛄️

11月中にも雪が降るそうですよ⛄️⛄️⛄️

体調には気をつけてお過ごしください😌

 

さて、今回は「冷え」について紹介したいと思います。

女性でも多い冷え性ですが、最近では男性にも見られます。

よくある症状は手足が冷たいや、太りやすかったり、風邪を引きやすかったり、

また免疫力が落ちてしまうので様々な病気の原因になってしまいます😖

 

冷え性の原因の1つに血行不良があります。

この血行不良の要因として、

・筋肉量不足

・むくみ

・低体温

などがあげられます!!

また、冷えが強くなってくると自律神経系も乱れてきて、自律神経失調症になる確率も上がってしまいます。

当院では、このような症状の患者さんの治療も行っているのでぜひご相談ください☺️ 

また当院では冷え性対策として航空会社でも販売されている

光電子を練りこんだGrant E One’sの着圧ソックスもございますのでご相談ください😊

むくみを防止しながら冷えも防げて、なおかつ足の疲れも軽減して美脚をサポートできるソックスになってます‼️

女性だけではなく、最近では男性にも人気のソックスです🧦

※左→男性      右→女性

ソックスだけでなく、これからの時期に嬉しいタイツなどもあるのでご相談ください❗️

試し履きもできますので、お気軽にスタッフまでご相談ください☺️

2018.11.07

最新機械のご紹介❗️

 

こんにちは😃

かまた鍼灸整骨院の浅比と小賀坂です!

11月にも入り、今年も終わりが近づいてますね!(早い早い笑)

今回、ご紹介するのは「WINBACK」という最新機械です。

この機械はフランス製でエステでは結構導入されている機械ですが、整骨院では東北初の導入になります‼️

WINBACKとは?

 ①即効性…効果は最初の施術直後から明らかに。3〜5 の施術により強化される。

 ②持続性…施術を重ねるほど施術の効果が維持しやすくなる。

 ③安全性…痛みがなく、心地よい施術を受けられる。また厳しい審査基準アメリカ医療機器FDAを              取得してる。

WINBACK の効果

 ①痩身…様々な美容の現場に適合する高周波温熱機器

 ②肌質改善…セルライトの改善、余分な脂肪の減少によるサイズダウン、引き締めなど

 ③代謝機能促進…冷え症による便秘やセルライトの解消、肩こり、腰痛の緩和

 ④リラクゼーション…交感神経と副交感神経のバランスを整え、ストレスを軽減

 ⑤アスリートケア…筋肉痛の乳酸解消、肉離れや様々な創傷早期治療のサポート

 ⑥免疫機能…恒常的に体温が高くなっていくことで体質改善

 ⑦ホルモン分泌促進…加齢により減少した成長ホルモン分泌の促進

 ⑧筋膜の癒着解消…四十肩や五十肩などの筋肉や骨、筋膜などの癒着解消

この機械で顔やボディ−ケアも行なっているので、少しでも気になった方はご連絡ください🙇‍♂️

予約優先になっておりますので、よろしくお願いします😊

2018.10.29

野球肘について⚾️

こんばんは🌇
スタッフの渡辺志穂と佐藤紗夏です😊

今週は待ちに待ったハロウィンですね🎃👻
当日、院長にトリックオアトリートと言えば何か貰えるかも…?笑

さて、今回は野球肘について紹介していきたいと思います⚾️

野球肘は10〜16歳の野球経験者に多く起こります。
投球動作のボールを離すまでの間で肘の内側に牽引力が働き、靭帯が伸ばされ、炎症が起きる傷害です。

ひどくなると、離断性骨軟骨炎という、
軟骨に炎症が起きて成長障害が生じることがあります。

症状としては、投球後の痛みが主体で
投球をやめると軽減します。
また、ひどくなると関節内に剥がれた軟骨が遊離し、それが元で引っかかりが起こることがあります。

治療としては、投球の制限をして肩周り、
腕周りの筋肉をほぐすことが大切です!

痛みが軽減したら、フォームの改善が最重要です。

当院では、治療だけでなくフォームの改善も行なっているのでぜひご相談ください🌼

皆さまご来院お待ちしております☺️

1 2 3 4
一番上に戻る
TEL:024-573-0838お問い合わせ

かまた鍼灸整骨院からのお知らせ