ブログ

2019.06.12

マレットフィンガー

こんにちは😃

スタッフの浅比と小賀坂です!! 

6月に入り、梅雨にも入りましたね!

梅雨に入った途端に寒い日が続いているので、風邪には気をつけてくださいね😷

さて、今回は「マレットフィンガー」について紹介します。

聞いたことがない人が多いと思います。このブログを読んで参考にしてみてください。

 

⭐️症状⭐️

・第1関節が曲がったままで痛み・腫れ

・自動伸展は不能(自分で伸ばそうと思っても伸びない)

・他動伸展は可能(手伝って伸ばすと伸びる)

  

⭐️原因⭐️

突き指の一種で、ボールなどが指先に当たったときなどに起こる。

⭐️病態⭐️

➀指を伸ばす伸筋腱が切れたために生じるもの=腱性マレット指(腱性マレットフィンガー)

➁第1関節の関節内の骨折が生じ、伸筋腱がついてる骨が関節内骨折を起こしてずれた状態になったもの=骨性マレット指(骨性マレットフィンガー)

 

マレットフィンガーは一見、ただの突き指と思われがちですが、骨折してる場合があります。早急にに診察を受けましょう‼️

気になる方はかまた鍼灸整骨院にご相談ください🙇‍♂️

 

2019.06.04

脱水症にお気をつけて⚠️

こんにちは☀️

スタッフの佐藤と谷です!

まだ5月なのに猛暑が続きますね😅

梅雨の時期も近づいて湿気が多く、カビにも気をつけたいところです👾

さて、今回は脱水症についてやっていきたいと思います!

 

夏場は必ず誰かしらなってしまいますね😖

多くなる季節としては夏🍧や冬⛄️ですが、

脱水は一年を通して見られます。

春も環境の変化や体の準備が整ってないため脱水症状を起こしやすいです!!

脱水症にならないために知って予防していきましょう!

 

まず、脱水症とは

水分と塩分からなる体液が不足した状態です!

体液は汗や呼吸、尿などにより体の外に出されてしまいます。

確かに汗ってしょっぱいですもんね🤔

CMや商品にもよく塩分の事、書いてありますもんね🤔

では、体液は体にとってどんな役割があるのか?

・酸素と栄養素を体内に運ぶ

・老廃物を尿、汗にして体の外に出す

・発汗による体温の調節

これらが体液による特に重要な役割です。

 

不足することによって、

・めまいやふらつき

・足がつる

・大量の汗

・頭痛、吐き気

・判断力の低下

など他にも様々な症状があります。

熱中症も脱水症の一種なので、症状はほぼ一緒ですね😞

脱水のサインとして、口が乾く濃い色の尿トイレの回数が少ないなど

このような場合は水分補給をしっかりと行いましょう!

 

また、喉が乾いている状態はすでに2%の脱水状態にあります。

緊急の状況ではありませんが、時間を置かずに水分補給をしましょう🥤

できれば「喉が乾く前」が好ましいですが、スポーツなどでは難しいですね😅

大量の汗により大量の水分を失うことは、パフォーマンスの低下にもなります。

汗には電解質も含まれており、水だけでは不十分です。

そこで、スポーツ飲料がおススメなのです👍

水分と電解質も含み、美味しく飲めるので脱水からの回復が効果的です😌

もし脱水症になってしまった場合は、経口補水液を摂りましょう!

 

また、緑茶やコーヒーは水分補給にならないので気をつけてください

お茶やコーヒーに含まれるカフェイン利尿作用があります。

例えば、ペットボトル一本飲むと二本分の尿がでてしまうと言われるほどです😖

 

脱水は唾液を少なくしてしまうので、食欲にも影響していきます。

消化液も減ってしまい、栄養状態も崩していきます…☹️

栄養も脱水症の予防に大切です!!

 

栄養士の方もいるので、ご相談ください🌼

これからの暑い夏をバテずに乗り越えていきましょう🎐🍉

2019.05.21

手根管症候群

こんにちは☀️

スタッフの浅比と小賀坂です!

今週は気温が30度以上になる日があるみたいなので、体調管理には十分に気おつけてくださいね‼️

さて、今回は「手根管症候群」について紹介します。

 

⭐️症状⭐️

初期…示指・中指が痺れ、痛みが出ますが、最終的には母指(親指)から環指の親指側の3本半の指が痺れます。

急性期…痺れ、痛みは明け方に強く、目を覚ますと手が痺れて痛みます。

手を振ったり、指を曲げ伸ばしをすると痺れ、痛みは楽になります。手のこわばり感もあります。ひどくなると、母子指の付け根(母指球)が痩せて母指と示指できれいな丸(OKサイン)ができなくなります。縫い物がしづらくなり、細かいものがつまめなくなります。

                   

⭐️原因⭐️

突発性というものが多く、原因不明とされています。妊娠・出産期や更年期の女性が多く生じるのが特徴です。

その他、骨折などの怪我、仕事やスポーツでの手の使いすぎ、透析をしている人などに生じます。腫瘍や腫瘤などの出来物でも手根管症候群になることがあります。

⭐️病態⭐️

正中神経が手首(手関節)にある手根管というトンネル内で圧迫された状態です。それに手首の運動が加わって手根管症候群は生じます。

手根管は手関節部にある手根骨と横手根靱帯(屈筋支帯)で囲まれた伸び縮みのできないトンネルで、その中を1本の正中神経と指を動かす9本の腱が滑膜性の腱鞘を伴って走行しています。

妊娠・出産期や更年期の女性に一番多いはっきりとした原因はないですが、女性ホルモンの乱れによる滑膜性の腱鞘のむくみが原因と考えられています。手根管の内圧が上がり、圧迫に弱い正中神経が偏平化して症状が呈すると考えられています。

使いすぎの腱鞘炎や怪我によるむくみなども同様に正中神経が圧迫されて手根管症候群を発症します。

気になる方はご相談だけでもぜひ、ご来院ください😊

2019.05.15

女性・高齢者に多い膝の痛み

こんにちは!!

スタッフの佐藤と谷です!

 

最近は気温が上がり、夏日のような感じですね🍧

今の時期は紫外線が強いので外出時には気をつけてください🌞

 

さて、今回は「変形性膝関節症」について紹介していきたいと思います。

 

高齢者の方や女性の方は、聞いたことがある人も多いと思います。

実際に男性と女性とでは1 : 4の割合で女性に多いです🙎‍♀️

理由としては後ほど説明しますね!

 

 

変形性膝関節症とは、

膝のクッションの役割を持つ軟骨などがすり減ってしまい、

膝に炎症を起こしてしまう疾患です。

基本的には加齢とともに進行し、多くは40〜50歳代に見られます。

 

症状として、

・軽度…こわばり、立ち上がりや動き始めに痛む

・中度…階段の昇り降りが辛い(特に降りる時)、水が溜まる

・重度…じっとしても痛む、曲げ伸ばしが困難

などが見られます。

 

原因としては加齢がありますが、他にも

・O脚

・ホルモンバランス、閉経後の女性

・生活習慣

・体重増加

など、様々な要因が挙げられます😵

女性に多いO脚は、膝の外側と内側にかかる体重がアンバランスになってしまい

膝の関節に負担がかかり、軟骨がすり減りやすくなってしまいます。

また、閉経後の女性ではホルモンバランスの変化により、

骨がもろくなってきてしまう傾向が強く、O脚になりやすいことから

女性は男性よりも変形性膝関節症になりやすいと言われています。

 

治療として、

まずは炎症を抑え、痛みを緩和させます。

痛みがある状態では無理せず安静にしましょう😌

かまた鍼灸整骨院では、炎症を抑える鍼治療もやっています!

炎症が落ち着き痛みが減ってきたら、

関節を安定させるために筋肉を動かしていきます。

靱帯だけでは膝は不安定で衝撃に弱いため、

筋肉で少しでも安定させ衝撃を和らげていきましょう💪

 

膝が痛い状態では動きたくなくなり、筋肉が落ちてしまう悪循環になってしまうので

違和感がある時でも一度ご来院ください🌼

痛みがある状態でも緩和させるために治療していきます🌼

気になることがあればぜひ一度かまた鍼灸整骨院へ!

スタッフ一同お待ちしております💐

2019.05.08

プラセンタとは

こんにちは☀️
スタッフの浅比と小賀坂です!

ゴールデンウィークはゆっくり休めましたか?
長すぎて疲れている人も多いと思います。
無理をせず、仕事や勉強に取り組みながら、かまた鍼灸整骨院に疲れを癒しに来てくださいね😊

今回は「プラセンタ」について紹介します。

プラセンタという言葉は女性の方だったら一度は聞いた事があると思います。

私達も名前は聞いた事はありましたが、詳しくは知らなかったので勉強したことを載せたいと思います。

 

⭐️プラセンタとは⭐️

日本語で言うと胎盤の事です。胎盤は赤ちゃん(胎児)を母体内で育てるために、妊娠中に臨時に作られる臓器です。この胎盤から抽出されたエキスがプラセンタエキスです。

決して人間の胎盤を使用するわけではありません。基本的にブタ🐖の胎盤を使用します。

 

⭐️胎盤とは⭐️

胎盤は妊娠時に作られる臨時の臓器であり、様々な臓器の代行や様々な機能を有しています。

➀増殖(非常に早い細胞分裂)

➁コントロール(細胞分裂の調整)

➂分化誘導(細胞から臓器への変化)

➃代替(臓器の機能代行)

プラセンタエキスには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、核酸、糖分など様々な有効成分が含まれています。

 

⭐️プラセンタの主な良く効く病気⭐️

内科→喘息、肝硬変、腎炎、糖尿病、高血圧、狭心症など

整形外科→むち打ち、リウマチ、肩こり、五十肩など

婦人科→生理不順、無月経、不妊症、子宮筋腫、乳汁分泌不全など

皮膚科→アトピー性皮膚炎、シミ、脱毛症水虫など

神経科→自律神経失調症、不眠症、うつ病など

泌尿器科→夜尿症、性欲低下、前立腺肥大など

眼科→眼精疲労、視力低下、アレルギー性結膜炎など

耳鼻科→アレルギー性鼻炎、メニエール病、耳鳴り、めまいなど

歯科口腔科→味覚低下、歯槽膿漏、口内炎など

その他→手術・外傷後の治癒促進、抗がん剤、放射線後の副作用軽減など

 

⭐️プラセンタエキスの美容効果⭐️

➀新陳代謝の促進作用              ➅保湿作用

➁細胞分裂の活性化作用           ➆抹消血流促進作用

➂美白作用                             ➇活性酸素除去作用

➃抗炎症作用                          ➈免疫賦活作用

➄抗アレルギー作用

 

プラセンタはサプリメント💊や清涼飲料水などがあるので、興味がある方や少しでも気になった方はかまた鍼灸整骨院へご相談ください🙇‍♂️🌼

 

 

2019.04.27

打撲に注意⚠️

こんにちは!スタッフの紺野と佐藤です😊

最近過ごしやすい気候になってきましたね(^^)

日中は半袖で一枚でもいいくらいの気温で
天気も良いとお出かけしたくなりますね☺️

GW、10連休の方も多くいらっしゃるかと思います。

絶好の行楽日和で良いGWでありますように⭐️

さて、今回は「打撲」について紹介していきたいと思います!

学生は大会が近いこともあり、部活などに力が入ると思います。
転倒や、接触プレーにより打撲を作ることが多いのではないですか?
青タンや痣になっていてもすぐ治るからいいや、と思っていますよね😞

一見、ただの痣に見えてもその皮膚の下では血が溜まっているのです😟

ぶつかることにより、筋肉は少なからず壊れていて
そこから内出血となり血腫になります。
血腫はRICE処置を行わないと大きくなり、
ひどい場合には神経や血管を圧迫し、しびれ・循環、運動障害が現れます。

まずは、RICE処置をしっかりと行いましょう!

Rest…安静
Ice…冷却
Compression…圧迫
Elevation…挙上

この4つは鉄則です!!!

Rest=安静にする
無理に痛めたところを動かすと痛みが増悪する場合があります。
まずは患部を動かさず痛みのない姿勢で安静に!

Ice=冷却する
内出血や炎症を抑えるために患部やその周りを冷やします。
氷嚢やアイスパックなどで10分〜15分冷やして、また感覚が戻ってきたら冷やす
を繰り返します。冷やしすぎると凍傷になるおそれもあるので
直接氷を患部に当てないように気をつけましょう!

Compression=圧迫する
腫れや内出血を防ぐことができます。
包帯やテーピングで打撲した部位を適度に圧迫して固定しましょう。
圧迫が強すぎると血流が悪くなったり神経を圧迫してしまうことがあるので
圧迫の強さに気をつけましょう!

Elevationi=高く上げる
打撲した部位を心臓より高い位置で保つことで
内出血を防ぎ、痛みを緩和することができます。
椅子や枕、クッションなどを使って心臓より高いところにしましょう!

また、打撲には鍼治療がおススメです😊

患部に鍼で刺激を入れることで内出血や腫れを軽減させたり
痛みも軽減させることがあります!!!

早めの治療が復帰へ一番の近道です😌
大丈夫と思っていてもその痛みが長引いてしまうかもしれません。
軽視せずしっかりと診てもらいましょう💊

かまた鍼灸整骨院はいつでもお待ちしております🌱
ぜひご相談ください!

2019.04.16

新入社員紹介🌸

 

こんにちは!!

スタッフの浅比と小賀坂です😊

やっと暖かくなってきましたね🌞

みなさんはお花見行きましたか?

私はさくらを見ながらお団子を食べました🍡笑

 

さて、今年も新入社員が入って来てくれたので

紹介したいと思います🌻

 

➀谷勇翔[かまた鍼灸整骨院]

出身高校 : 福島商業高校

職種 : 柔道整復師

好きな食べ物 : ハンバーグ

趣味 : 走ること🏃‍♂️

特技 : ものまね

好きなタイプ : ショートカット

好きな芸能人 : 二階堂ふみ

みなさんにひとこと!

かまたの山P目指してます!

みなさん僕とたくさん話をしましょう🍀

 

➁阿部一也[beau bell]

出身高校 : 福島北高校

職種 : パーソナルトレーナー

好きな食べ物 : ラーメン🍜

趣味 : DVD鑑賞

特技 : トレーニング

好きなタイプ : 笑顔がステキな人✨

好きな芸能人 : ぷろたん

みなさんにひとこと!

一緒にトレーニングしましょう💪

 

➂一条奈緒[beau bell]

出身高校 : 福島北高校

職種 : パーソナルトレーナー

好きな食べ物 : 抹茶🍵 フルーツ🍎 餃子🥟

趣味 : ふらり外に出かける

特技 : 隅っこに隠れる

好きなタイプ : 笑顔が似合う人で、一緒にいて楽しい人🌻

好きな芸能人 : 菅田将暉、松坂桃李、岡田准一

みなさんにひとこと : 運動が皆さんの皆さんの源になれるようにサポートしていきます!よろしくお願いします!

 

とっても勉強熱心で明るく元気な3人です!☀️

私たちはこの子達をしっかりサポートして行きたいと思います!!

今後ともよろしくお願いいたします🙇‍♀️

学生のみなさんも頑張ってください😊

2019.04.12

手首の痛み その2

 

こんにちは!スタッフの紺野と佐藤です😊

つい先日福島でも雪が降りましたね〜😅

今年の雪はこの前ので終わりともテレビで言ってましたが、

まだ油断できませんね(>_<)

そして来週は一気に気温が上がるみたいですね💦

特にこの時期はバタついたり忙しい時期でもあるので、

体調管理をしっかりして、乗り切っていきましょう🙆‍♂️

 

さて、今回は手首の痛み パート2ということで、

TFCC損傷について紹介したいと思います!!!

 

手首が痛くて動かせない、小指側に痛みがある、力を入れられない、

ドアノブを開けるのが痛くてできない、なんてことはありませんか?

 

TFCC損傷とは、別名、三角繊維軟骨複合体損傷といいます。

…難しい名前ですね(笑)

手首の小指側にある腕の骨と手首の骨の間に軟骨のことを

三角繊維軟骨複合体いいます。

関節の安定性を図るためにあり、ここを痛めると手首に痛みが出てしまいます。

 

重いものを持ち上げた時、スポーツではバレーのレシーブをした時など

またラケットを使う競技で使いすぎによるもの、

さらに交通事故でも痛めてしまうことがあります(^^;)

 

手首に痛みが出ると、日常生活動作にも影響がでてしまいます。

そしてなかなか痛みが引きにくいのもこの損傷の特徴です😅

痛めてしまったら安静にするのが第一です🙆‍♂️

またサポーターをして関節を動かないようにすると

手首の痛みがだいぶ楽だったりします✌️

 

また当院ではエコーでの画像診断もしていますので

手首の痛みで悩んでいる方、ぜひご来院ください(^-^)

 

 

2019.04.02

ガングリオン

こんにちは🌞

スタッフの浅比と小賀坂です!

新元号発表されましたね😳

令和

意表を突かれましたね😳

新年度もみなさん頑張って行きましょう!!

 

今回は「ガングリオン」について紹介します!

ガングリオンは中にゼリー状の物質の詰まった腫瘤です。

典型的なものは手関節背側(甲側)に生じるガングリオンです。これは手関節の関節包(関節を包む袋)に繋がっています。

その他、ガングリオンの出来やすい場所としては手首の母指(親指)側の掌側の関節包やバネ指の生じる指の付け根の掌側の腱鞘のあるところです。

〜症状〜

関節の周辺や腱鞘のある場所に米粒大からピンポン玉大の腫瘤ができます。

軟らかいものから硬いものまであります。通常は無症状なことが多いのですが、

時々、神経のそばにできると神経を圧迫して、痺れや痛み、運動麻痺などを起こします。

手を使いすぎると腫瘤は大きくなることがあります。

〜原因〜

ガングリオンは関節包や腱鞘の部分から発生します。

若い女性に多く見られますが、必ずしも手を良く使う人に見られるわけではありません。

関節液や腱と腱鞘(腱の周りにある浮き上がり防止の腱)の潤滑油である滑液がガングリオンの袋に送られ、濃縮してゼリー状になります。

関節や腱鞘に生じるものは、関節や腱鞘に繋がっています。特に関節から出来るものは、関節包に繋がる長い茎で繋がっていることがほとんどです。

その他にもガングリオンは身体中のいたるところに生じます。骨や筋肉、神経に出来るガングリオンもあります。

〜治療〜

ガングリオンは腫瘤のみで無症状なら、放置しても問題はありません。

大きくなるもの、痛みが強いもの、神経が圧迫されて神経症状があるもの(痛みや運動障害など)は治療が必要になります。

かまた鍼灸整骨院ではエコーで診ることができます。症状がひどい場合は整形外科に紹介する事はできるので、気になるような事があればご相談ください🙇‍♂️

 

このエコーの画像は菱沼君のガングリオンです。

                                                                  ↓

                                                                  ↓

 

2019.03.28

膝の外側が痛い。ランナー膝

こんにちは🌷

スタッフの紺野と佐藤(紗)です!

3月も今週で終わりになりますね😌

平成も終わり、同時に新元号が決まります💫

どんな元号か、今から楽しみですね😆

 

さて今回は「ランナー膝」について紹介したいと思います!

その名の通り、ランニングする方に多く見られる膝の炎症です

膝の外側に痛みがあり、別名「腸脛靱帯炎」とも呼ばれます。

外側にある筋肉が靱帯となり、膝の下周辺につきます。

この靱帯が膝の屈伸運動で骨と摩擦し、炎症が起きてしまうのです😫

原因として

オーバーユース(使い過ぎ)が主に見られます。ですが、

「同じ距離走っているあの人は痛くない…☹️」

なんてことありますよね?

筋肉の使い方や走り方のフォーム🏃‍♂️なども原因の一つです。

また、O脚(いわゆる内反膝)の方は外側が引っ張られる可能性が高いため、

下半身や足のアライメントも関係します!

 

症状としては

膝の外側が痛むのが特徴的です😵

また、膝の曲げ伸ばし運動や走った際に痛みが出ます。

最初のうちは休むと痛みは軽減されますが、

症状が悪化していくと常に痛むようになってしまうので

早いうちから治療していくことをお勧めします🤕

 

外側の筋肉にお尻の筋肉もつくので、お尻も重要になります。

お尻の筋肉が弱かったり、硬かったりすることで膝に痛みが出ることもあるのです😔

日頃からストレッチなどの体のセルフケアは行っていきましょう!!

 

かまた鍼灸整骨院ではストレッチの仕方はもちろん、

お尻の筋肉の鍛え方体幹バランスなどしっかりと患者様に伝えていきます🍀

お困りの際はぜひ一度ご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております😊💐

 

 

1 2 3 4 5 6
一番上に戻る
TEL:024-573-0838お問い合わせ

かまた鍼灸整骨院からのお知らせ

当院のアプリ始めました

かまた鍼灸整骨院

受付時間 日・祝
9:00〜12:00
15:00〜20:00

土曜 8:35~13:00
休診日:土曜午後・日・祝・年末年始・お盆等

お気軽にご相談ください

TEL:024-573-0838

TEL:024-573-083824時間メール受付中

かまた鍼灸整骨院BLOGかまた鍼灸整骨院Facebook