新着情報

2019.08.22

側湾症(そくわんしょう)とは?

こんにちは😃

スタッフの佐藤と谷です!

今年の甲子園も終わってしまいましたね⚾️

惜しくも東北勢は決勝に行けませんでしたが、

どの高校の試合を見ても楽しかったです!!!

一生懸命に野球している姿はかっこよかったですね😌

 

さて今回は、「側湾症」について紹介していきます!

通常、背骨は前か後ろから見ると真っ直ぐな状態です。

しかし側湾症の場合は、左右に曲がってしまい、ひどい状態では手術が必要な時もあります。

側湾症には機能性側湾症構築性側湾症とがあります。

機能性側湾症…背骨に原因があるわけではなく、そのほかの原因により側湾症を引き起こす。

構築性側湾症…背骨が捻れてしまい、治りも遅い。1番頻度が高いのは特発性側湾症。

 

機能性の場合、ヘルニアに伴う痛みによるものや、姿勢脚の長さなど

その原因を取り除くことにより、側湾は無くなります。

構築性に多い特発性側湾症には幼児・小児・思春期それぞれにみられることがありますが、

圧倒的に思春期の特に女子に多く、骨が未熟なため進行しやすいと言われています…。

 

小学生の頃には健康診断と一緒に検査をする場合もあります👩‍⚕️

また、両親と一緒に入浴中の時や、スカートの丈が左右で違う、洋服で背中や肩が合わない

などの日常生活からも気づくことがあります。

簡単な方法で、立位と前屈での検査もあるので見てみて下さい↓↓

 

左が立位検査で見てもらいたいのは書いてあるように、

・左右の肩の高さ

・左右の肩甲骨の下の高さ

・腰のウエストライン

に注意して見てください⚠️

 

右の前屈検査では、

両手の平を合わせて、肩の力を抜いて両腕を垂らします。

膝を伸ばしたままゆっくりとおじぎさせます。

注意するのは、肋骨と腰の高さに左右差があるかどうかです⚠️

 

ぜひお子さんの背中を一度確認してみてください👏

何かあれば、ぜひかまた鍼灸整骨院へ

スタッフ一同お待ちしております🍀🌺🍀🌺

一番上に戻る
TEL:024-573-0838お問い合わせ

かまた鍼灸整骨院からのお知らせ

当院のアプリ始めました

かまた鍼灸整骨院

受付時間 日・祝
9:00〜12:00
15:00〜20:00

土曜 8:35~13:00
休診日:土曜午後・日・祝・年末年始・お盆等

お気軽にご相談ください

TEL:024-573-0838

TEL:024-573-083824時間メール受付中

かまた鍼灸整骨院BLOGかまた鍼灸整骨院Facebook