新着情報

2019.04.12

手首の痛み その2

 

こんにちは!スタッフの紺野と佐藤です😊

つい先日福島でも雪が降りましたね〜😅

今年の雪はこの前ので終わりともテレビで言ってましたが、

まだ油断できませんね(>_<)

そして来週は一気に気温が上がるみたいですね💦

特にこの時期はバタついたり忙しい時期でもあるので、

体調管理をしっかりして、乗り切っていきましょう🙆‍♂️

 

さて、今回は手首の痛み パート2ということで、

TFCC損傷について紹介したいと思います!!!

 

手首が痛くて動かせない、小指側に痛みがある、力を入れられない、

ドアノブを開けるのが痛くてできない、なんてことはありませんか?

 

TFCC損傷とは、別名、三角繊維軟骨複合体損傷といいます。

…難しい名前ですね(笑)

手首の小指側にある腕の骨と手首の骨の間に軟骨のことを

三角繊維軟骨複合体いいます。

関節の安定性を図るためにあり、ここを痛めると手首に痛みが出てしまいます。

 

重いものを持ち上げた時、スポーツではバレーのレシーブをした時など

またラケットを使う競技で使いすぎによるもの、

さらに交通事故でも痛めてしまうことがあります(^^;)

 

手首に痛みが出ると、日常生活動作にも影響がでてしまいます。

そしてなかなか痛みが引きにくいのもこの損傷の特徴です😅

痛めてしまったら安静にするのが第一です🙆‍♂️

またサポーターをして関節を動かないようにすると

手首の痛みがだいぶ楽だったりします✌️

 

また当院ではエコーでの画像診断もしていますので

手首の痛みで悩んでいる方、ぜひご来院ください(^-^)

 

 

一番上に戻る
TEL:024-573-0838お問い合わせ

かまた鍼灸整骨院からのお知らせ