ブログ

2018.10.09

胸郭出口症候群とは

 

こんにちは🎃

スタッフの渡辺志穂と佐藤 紗夏です!

暑さも落ち着き、秋の空気になってきましたね🍠

朝と夜が寒くなりましたが、体調を崩さないように気をつけてください。

 

さて、今回は胸郭出口症候群について紹介したいと思います!

胸郭出口症候群はなで肩の女性に多いと言われていますが実際は男性にも多く見られ、

体を鍛えている方にも多く見られます。

色々な原因で神経の通り道が狭くなり血管や神経を圧迫するため、

・腕や手の痺れ

・手のだるさ

・肩こり

などの症状を引き起こします。

原因としては大きく2つに分けられ、①なで肩 ②筋緊張 があります。

①猫背やストレートネックなどの不良姿勢により、鎖骨が下に下げられなで肩を強いられると起こりやすくなります。レントゲンを取ると鎖骨が下がっている分、首が長く見られる事があります。

胸郭出口症候群の8割はこれが原因です。

②胸の筋肉をよく鍛えている方の場合、神経の通り道が狭くなりやすいので起こりやすいです。

⚠️格闘家のように背中を丸くした状態でトレーニングする方

⚠️重い荷物をいつも決まった側で持つ方

は、特に注意が必要です!

改善するには、神経と血管の通り道を確保することが大切です。

 

そのためのストレッチ方法を1つ紹介します!!

 

《壁押し腕立て伏せ体操 》

①足は軽く開き壁を押すような形で壁に寄りかかり、腕は肩幅より広くおきます。    

②腕立て伏せをするように腕を曲げます。

※その時、腕と壁が平行になるまで曲げます。

※きつい場合は足を壁に近づけて無理なく行ってください!

⚠️腕を曲げていく時は首や背中を丸めず、動かすのは腕だけにしてください。

③腕を伸ばします。

腕を伸ばし上体を起こします。

⚠️肘を伸ばしきらないように注意します。

④  ②と③を繰り返します。

1セット5〜10回を一日最低2セット行います。

 

これ以外にも症状は様々なので、体の不調でお困りの方は

ぜひ一度かまた鍼灸整骨院にお越しください!

スタッフ一同お待ちしております😌

 

2018.09.25

もし交通事故にあったら…

 

こんにちは!スタッフの紺野です( ^ω^ )

最近涼しくなり、過ごしやすい季節になってきましたね!

 

また連休もあり、家族で旅行だったり、車で遠出する計画を立てている方もいらっしゃるかもしれませんね😉

そんな時、万が一交通事故にあってしまう…なんてこともあるかもしれません😵

そこで今回は交通事故にあってしまったらどうすれば良いか、簡単に説明したいと思います( ‘ω’ )

 

万が一、交通事故にあってしまったら…

・安全を確保し、二次災害を防ぐ

・警察に交通事故の届け出をする

・相手の情報を確認する

・目撃者の確認する

・事故現場状況の確認・記録

・医療機関を受診する

・保険会社に連絡する

詳しくはホームページ内にも掲載しています!

 

また、事故直後、体の痛みがなくても数ヶ月後に痛みとして出現するケースもあります😖

事故にあった際は痛みの有無関係なしに整形外科や整骨院に受診することをおすすめします!

そして、整形外科と併用して整骨院に通院もできます◎

なかなか痛みが取れない、事故にあって不安でどうしたらいいか分からないとお悩みの方は、ご気軽にかまた鍼灸整骨院に来院ください( ^ω^ )

2018.09.10

アキレス腱炎

 

こんにちは🌼

スタッフの浅比と小賀坂です!!

気温の変化が激しい時期ですね⚡️

体調を崩さないように気をつけましょう!!

さて、今回はアキレス腱炎について

紹介したいと思います👣

アキレス腱炎は、使いすぎによるオーバーユースでアキレス腱に

炎症が起こり痛みが発生します。

アキレス腱炎の原因

・ランニング🎽

・ウォーキング🚶‍♂️

・不適切なトレーニング(使いすぎ)

・合わない靴👟

・扁平足👣

などです。

 

アキレス腱炎の症状

・ふくらはぎから踵あたりにかけて痛みが生じる

・アキレス腱部に腫れが生じる

などの症状が出ます。

 

アキレス腱炎を放っておいて無理をすると

アキレス腱断裂を引き起こす可能性があります。

症状が出たら決して無理はしないでください!

ほとんどの場合、下腿部に疲労がたまっているので

運動後のストレッチは怠らないようにしましょう!

当院でも最善の治療を行いますので

是非お越しください💐

スタッフ一同お待ちしております🙇‍♀️

 

2018.09.07

足底腱膜炎について

こんにちは!

スタッフの渡辺志穂と佐藤紗夏です🙌

台風が過ぎ去りまだ少し気温は高いですが、秋を感じるような空気ですね🍁

 

夏休みが終わって9月に入り、学生の皆さんは新人戦が始まりますね!!

練習もいつも以上に気合が入っていると思います🔥

そんな中で、足に痛みを抱えている方も多いと思います。

今回は足の痛み、特に足裏や踵に痛みが出る「足底腱膜炎」について紹介します!

 

まず、足底腱膜炎とは

足の裏にある薄く幅広い筋膜に炎症が起きることです。

この筋膜は踵の骨から足の指まで付いていて、

足のアーチ(土踏まず)を保持し、衝撃を吸収する役目もあります。

なので、ランニングやジャンプ動作などで足に繰り返し負担がかかると発症しやすいです😵

練習による使いすぎや、長時間立ち仕事をする方は要注意です⚠️

 

足底腱膜炎の症状としては、

踵の前の方または土踏まずに痛みが出ることが多く、

朝起きてからの歩き始めや、練習始めに痛みが強く現れる傾向があります。

そのほかにも、つま先立ちや階段を昇る時に現れることがあります。

 

発症してしまった場合は炎症を抑える事が第一なので、

まずは休む事が大切です!!

練習の量を減らし、下半身のストレッチを行いましょう💊

 

 

そこで、ストレッチを紹介したいと思います!

 

体育座りをして、つま先を自分の体のほうに強く引っ張ります。

こんな感じです!!!!

 

ほかにも、インソールやテーピングなどにより

痛みを軽減し、早く治す方法もあるので

困ったことがあればぜひ、かまた鍼灸整骨院にお越しください😊

なんでもご相談にお答えします!!

2018.08.29

季節の変わり目に…

 

こんにちは🙂スタッフの紺野と菱沼です!

8月も下旬に入り、朝や夜も涼しくなってきて、夏の終わりを感じさせる季節になってきましたね(^ ^)

朝晩は落ち着いてきても日中の気温は暑い日が続き、その寒暖差で体調を崩されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この寒暖差や雨などの気候の変化によって、ぎっくり腰で来院される方が急増しています😵

 

ぎっくり腰の症状としては

物を持ち上げようとしたら急に痛みが走った

朝起きて起き上がろうとしたら痛みが出て動くのも辛い

歩くのが困難、寝返りができない

くしゃみ、咳で痛みが走る、立ち上がりだけでも痛みが走る

歩いているのに体が曲がってしまう

このような症状が見られる事が多くあります。

 

痛み強く動けなくなる人もいるので、早期治療をしていくのが一番です!

また整骨院ではぎっくり腰の再発予防として、簡単なトレーニングや自宅でのケアのやり方を指導したりしています。

痛みを我慢せず、痛み違和感が出たらかまた鍼灸整骨院にお立ち寄りください( ^ω^ )

 

 

そして、整骨院で研修生として一緒に働いてきた菱沼祥平が今月いっぱいで国家試験合格に向けて学業に専念するため3月までお休みになります🤖

先日自転車に乗っていて転倒し、負傷しました。痛々しいですね(笑)

派手に転倒したから、いろんな意味で転ぶことはないかな?!😂😂

来年の春から施術者としてさらにパワーアップして帰ってきて欲しいですね😁

スタッフ一同応援しています📣!

2018.08.21

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

こんにちは🎵

かまた鍼灸整骨院スタッフの浅比と小賀坂です😊

お盆休みが終わり、毎日暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

今回は脊柱管狭窄症について紹介します!

脊柱管狭窄症とは、脊椎の中央にある脊柱管が狭くなり、中にある神経を圧迫してしまう事です。

症状として、歩行時や立っているときに殿部から下肢にかけての痛みやしびれがあります。また、間欠性跛行といって歩くと症状が悪化し、休憩すると和らぐ事が多く見られ、前かがみになる姿勢をとると症状が和らぐ事が特徴的です。

脊柱管の靭帯、背骨、椎間板の加齢変化によって狭くなる、背骨のずれ(すべり症)、椎間板ヘルニアなどでも脊柱管が圧迫されれば脊柱管狭窄症になります。

今回はそんな脊柱管狭窄症に効果的で誰でも簡単に出来るストレッチをご紹介したいと思います!

①仰向けになって膝を立てます。

②膝を抱え込むようにして、腰を曲げていき、お尻が突っ張る感じがするところで15秒間キープします。

これを3セット行います。また、無理をせずに行ってください!!

当院では色々な痛みに対応していますので、何かお困り事があれば、かまた鍼灸整骨院にご相談ください🌼

 

2018.07.31

8月の休診日のお知らせ

8月に入りますが7月下旬でも凄く暑い日が続き夏らしさが増してきましたね(-。-;

8月のお盆休みも含めた休診日になります。

8月8日(水)午前休診 午後通常診療

8月10日(金)午前通常診療 午後休診

8月11日(土)〜15日(水)お盆休み

以上の通りが休診日となります。

お盆休み明けは8月16日(木)から診療しますのでお間違えのないように確認の程をよろしくお願い致します。

2018.07.03

肉離れ

かまた鍼灸整骨院スタッフの小賀坂と浅比です!

今回は今の時期に特に多い症状、「肉離れ」について紹介します😊

肉離れはスポーツ外傷の1つで筋肉が部分断裂、または完全断裂することをいいます。

急なダッシュやジャンプをしたときに発症することが多く、このような動きを伴うスポーツであればどのようなスポーツであっても発症する可能性があります。

(例)サッカー、バレーボールなど

肉離れがおきやすい部位は筋肉であればどこでも起こりうるのですが、ハムストリング(太ももの裏)、大腿四頭筋(太ももの前)、下腿三頭筋(ふくらはぎ)に起こりやすいです。

サッカーでは内転筋(太ももの内側)にもよく見られます。

筋肉が硬いと、引っ張られた力に対して筋肉が縮もうとする力が強い状態にあります。このときに筋肉が伸びないため筋肉が断裂して肉離れを発症してしまうのです。

疲労が溜まっているとき、体が硬い人は要注意です!!

体を動かした後は、ストレッチやマッサージをして疲労を溜め込まないようにしましょう!!

肉離れが疑われる場合は、ぜひかまた鍼灸整骨院へお越しください🌼

最新の治療機器を使って最善、最適な治療を行います!

スタッフ一同お待ちしております😊

 

2018.07.02

〜7月の休診日のお知らせ〜

こんにちわ!

7月に入り気温も暑くなり、夏が近づいて来ている感じがしますね!

皆さん、水分補給をこまめに摂るのと猛暑日の無駄な外出は控えるようにしてくださいね!

今月の休診日の予定です。

7月 11日(水)午前9時〜12時 休診

                       ※午後は通常通り診察致します。

7月 28日(土)休診

以上が7月の休診日になりますので、お間違えのないようにお願い致します。

2018.06.30

この時期多いジャンパー膝!

こんばんは!

暑くてジメジメの季節になりました🐸

スタッフの渡辺と新人スタッフの佐藤です😊

今回はこの時期学生さんに増えるジャンパー膝、別名膝蓋靭帯炎についてお伝えしたいと思います🌟

ジャンパー膝とは、膝のお皿の下に痛みが出る外傷です。

なりやすいスポーツ→バレーボール🏐、バスケットボール🏀、サッカーボール⚽、陸上競技🎽などジャンプ競技に多いと言われています。

症状の出やすい年代→小学校校高学年〜高校生くらいまでの幅広い年代に起こります。

また、中高年の大人の方にも起こりやすいです。

発生機序→ジャンプの着地、急激なターンや切り返し、過度な膝の屈伸などで起こります。

症状→膝の下が急に痛み出す。屈伸ができなくなる。膝の下が腫れぼったく感じる。と言った症状が主に見られます。

ジャンパー膝が起こる原因として1番と言っても良いものがオーバーユースつまり使いすぎによって起こるものがほとんどです。

小学校高学年ぐらいで少しずつ体が出来てくる時に、ほとんど休むことなくガッツリとスポーツすることで筋肉に沢山の疲労が溜まり、炎症を起こしてしまうのです。

また、使った後にしっかりケアをしていれば防げる症状の1つでもあります。

そのケアの1つにストレッチがあります。

ストレッチをすると、体を動かして疲労が溜まり硬くなった筋肉から疲労を取ったり、怪我の予防にも繋がったります!

今回は1人でできるストレッチを2つ紹介します☺️

1つ目は、立ったまま太ももの前を伸ばすストレッチです!

立ったままがつらい方は寝ながら行ってください😊

2つ目はカエル🐸ストレッチです!

カエルのような姿勢になって伸ばしていきます。

膝が痛い方は無理せず行ってください🌟

他にもストレッチやケアの仕方が色々あるので、ぜひ一度院の方にお越しください🙂

スタッフ一同お待ちしています🐥

※相談だけでも🆗ですです🤗

 

 

1 2 3 4 5 6 7
一番上に戻る
TEL:024-573-0838お問い合わせ

かまた鍼灸整骨院からのお知らせ

当院のアプリ始めました

かまた鍼灸整骨院

受付時間 日・祝
9:00〜12:00
15:00〜20:00

土曜 8:35~13:00
休診日:土曜午後・日・祝・年末年始・お盆等

お気軽にご相談ください

TEL:024-573-0838

TEL:024-573-083824時間メール受付中

かまた鍼灸整骨院BLOGかまた鍼灸整骨院Facebook